ディズニーランドで倒れました

夜中に500km以上走ってようやくディズニーランドへ着きました。

朝6時です。駐車場が開いてることにもびっくりです。

ヘロヘロの僕とは違い、子供たちのテンションはマックスです。
8時の開演まで一休みします。駐車場にもディズニーがちりばめられています。
ドナルドダックの8番に停めました。

入場です。眠気がさめません。夜通し走ってきたし、前日は仕事もしていました。
ただ、泣き言は言ってられません。家族のためがんばります。

嫁が知り合いから、ディズニーランドをまわるプランをもらっていました。
ファストパス?そんなもん知りません。園で初めて知りました。
USJにもあるようなやつでしょうか。ちょっとルールが違うみたいですけど、よくわかりません。

さっそく、乗り物など乗り始めました。
でも、暑くてたまりません。子供を熱中症にしないために必死であおいだり水分補給させます。

塩飴もしっかり持って行きました。なんてったって嫁は看護師ですから。

昼過ぎにスティッチのアトラクションに並んでいました。
だが、そこには大きな落とし穴が待っていました。

気分が悪い。立たれへん。並びながら僕は時々座り込んでしまいました。
前が進んで、立った瞬間。激しい吐き気にさらされました。
次の瞬間・・・・・・

不織布三層構造マスク

おえーーーーーーーーーーーーーー

夢の国でゲロをぶちまけてしまいました。
立てない。動けない。そのまま車いすで救護室に連れて行かれました。

中も夢の国らしく可愛くなってました。画像は撮れませんでしたけど。
血圧を測ってもらって、クーラーのきいた部屋で休むことになりました。

救護室の天井↑

1時間後。看護師さんが言います。
ベッドがいっぱいなので、ホテルへ帰るか近くの病院へ行って下さい。
可愛い顔して、なかなか厳しい。

でも、家族の目の方がもっと厳しい。
なにやっとんねん!早く起きてこいや!そんな風にきこえます。

ただ、奇跡的に1時間で回復し、気分はすっきりしました。
やっぱり、寝不足はいけませんね。

氷とゲロ袋をわたされて、再び夢の国へ出かけて行きました。つづく